中性脂肪とアルコール

中性脂肪は実はアルコールの摂取と大きな関係があります。

アルコールを摂取するうちに油物を食べていない方でも数値が上がっていることも多いのです。

そういった方は、お酒の摂取を控えることをお勧めいたします。

ですが、アルコールと中性脂肪がどうしてこういった関係なのか、知っておくことはアルコールを積極的に、避けることにもつながります。

今回は、中性脂肪とアルコールの関係に関して紹介いたします。

最初に、アルコールが、中性脂肪の合成に大きく関わっている理由はアルコールを分解する臓器肝臓に大きな関係があります。

お酒を飲んだことがある方なら、アルコールは肝臓で分解されるということは一度は耳にしたことは無いでしょうか?

肝臓では、アルコールは体内に入った毒物と同じ風にみなすため、肝臓での解毒の作業が始まります。

そのため、肝臓はアルコールを分解して無毒化まで、代謝するのです。

次に、中性脂肪ですが、これも食事の中に入っている糖分や炭水化物といった物から、肝臓が合成して作ってきます。

肝臓は非常に多彩な機能を持っており、毒物の代謝や体に必要な物を合成する力を持っているのです。

そして、肝臓の優秀なところは、有害なものから片付けるといった事を進めるようになります。

例えば、毒物が体内に入った場合は、体の必要成分の合成よりも毒物の分解を進めていくのです。

しかし、中性脂肪が増える、肝臓に溜まるといった場合は、この機能が仇になります。

アルコールを頻繁に飲んでいる場合は、毒物の代謝に機能を取られてしまい、肝臓での中性脂肪の合成と肝臓の外に送り出す機能が通常よりも劣ってしまうのです。

その結果、肝臓に多くの中性脂肪が溜まるといった症状が発生します。

これが、いわゆる脂肪肝になります。のこ脂肪肝と中性脂肪に関しては別項目で解説いたします。

つまり、本来の体の恒常性以上のアルコールを慢性的に摂取していると、肝臓に脂肪が溜まりやすくなるというわけで、また、血液中にも中性脂肪も溜まりやすくなると言うわけです。

このページの先頭へ