中性脂肪とコレステロールの違い

中性脂肪とコレステロールは、実は似ているようで大きな違いがあります。

今回は、その違いに関して紹介いたします。

健康診断の項目で種類が別と表記されることが多いのですが、実際にどういった違いがあるのか、多くの方は知らないことが多いのです。

実際に。コレステロールと中性脂肪は似ているように似ていないのです。

最初に、誤解されやすいコレステロールに関して説明いたします。

コレステロールは、血液中に存在する、細胞膜やホルモンの原料になる脂質の事を言います。

これは、一旦体の中で代謝され肝臓内で再合成された、原料専用に作られた脂質になります。

また、善玉コレステロールと悪玉コレステロールといった言葉があるように、同じコレステロールでも、役割が違うのです。

コレステロールは、血液中に存在する、体組織に使用する物質の原料の一種というのがコレステロールの定義になります。

これに対して中性脂肪ですが、中性脂肪の場合は、体内に糖分や脂質、炭水化物が多く摂取された場合に、内臓や皮下脂肪になる前の脂肪分の成分を言います。

この中性脂肪が初めて、固体化して体内に合成されたものが脂肪なのです。

つまり、体の脂肪分とエネルギーの原料となっているのが中性脂肪と言うわけです。

中性脂肪がコレステロールと大きな違いがあるのは、作られる組織にも大きな違いがあります。

これは、中性脂肪の場合は、基本的にそのままの成分が固体化します。

一方コレステロールの場合は、更に代謝されて、パーツごとに作られるのが大きな特徴になります。

つまり、そのまま脂肪としてなるのが中性脂肪の特徴なのです。

コレステロールの場合は、基本的にエネルギーとして使用される事はないのですが、運動をすることによって脂肪分を減らすことが可能なのは中性脂肪になるというわけです。

中性脂肪とコレステロールは同一物では無いのです。それ故、健康の対策法も大きく異なります。

違いを知らないでコレステロールの減らす方法と誤解されていることが多いので注意が必要なのです。

このページの先頭へ