中性脂肪と基準値

中性脂肪がありすぎると多くの病気を発生します。

しかし、発生すると言ってもその病気の基準値はあまり知られていないのが現状です。

そんな人のために、今回は健康診断の結果を見ただけで中性脂肪の数値が判断できるように、中性脂肪の数値に関して解説いたします。

中性脂肪は、本来なら血管内に存在し加えて人の健康維持に役立つ物質です。

しかし、その数値が異常なほど上昇することによって、様々な生活習慣病を引き起こすことが知られています。

その基準値は、50~149mg/dlが基本となっています。この数値よりも上の場合は、脂肪肝や肝硬変と言った肝臓疾患、また血管系の病気の心筋梗塞、脳梗塞といった血管系の狭窄の病気を引き起こすことになるのです。

また、最近中性脂肪の多さが大きくなると、血管じ遺体を傷つける要因となっており、その結果静脈瘤といった疾患の原因となっているのです。

中性脂肪の数値である、150以上の場合は脂質異常症と呼ばれ、医師の助言、診察、投薬による治療が不可欠になってしまいます。

ですが、この中性脂肪の数値は低いと言いわけでも無いのです。低い場合は、体のエネルギーが減少しているということなので、低体温症が発生します。

また、場合によっては、細胞を作る脂質が無いために、細胞の代謝が止まったり、酵素活性が悪くなるため、体がだるいといった症状が発生するのです。

つまり、体の機能の維持が無理になってしまうのです。

よくありがちなのは、異常に高い数値を気にしてしまい、本来飲むべき量の薬の分量を無視して服用するといった問題があることです。

孫楚結果、急性の低脂質血症となり、倒れる方もいるのです。重要なのは、この基準値の間を維持することであって、急激な減少を望むことはいけないのです。

中性脂肪はそもそも生命維持に必要な栄養素であって、排除すべきでは無いのです。

その部分を履き違えずに高脂血症の治療できる参考になれば幸いです。

このページの先頭へ