中性脂肪値が高くなる生活習慣

中性脂肪値が高くなるついやってしまう生活習慣があります。

今回は、そんなついやってしまいがちになる生活習慣に関して紹介いたします。

最初に、水を飲まないという人これは中性脂肪値が高くなります。

実は、中性脂肪値は血液の一定の量に対してどれだけ脂肪分が含まれているかが重要な数値になりますが、中性脂肪が高い人は、遊離脂肪酸の数値が高い傾向があります。

これは、代謝によって、脂肪酸を排泄するのに十分な水分量が無いことを意味しているのです。

脂肪酸は、適切な水分量があると、老廃物の尿とともに分解されて出されます。

そのため、中性脂肪の数値が低くなるのです。重要なのは、血液が体内に回っていることではなくて、血液自体がサラサラしていることです。

中性脂肪の分解を阻害する老廃物の排泄を遅らせる水分不足は、大きな問題を引き起こすのです。

つまり、中性脂肪値を低くするには、それに伴って適切な水分量が必要になります。

普段から、あまり水分を摂らない方、特に冬場の時期は乾燥していることが多いので、注意はよりいっそう必要になります。

体の有害な物を追い出す、そのために適切な量の水分をしっかり取るそういったことが何よりも大切なことなのです。

次に食事の時間帯を、朝方にシフトすることです。

朝型へのシフトは非常に重要です。朝方に多くの食事を摂るようにすると、朝摂取した食事は、基本的に朝のうちの吸収されエネルギーに代謝される率が高くなります。

つまり、朝多くの食事を摂ることによって、基本的に食事の摂取量に対するエネルギーの消費率を上げることが出来るのです。

そのため、中性脂肪として糖分や炭水化物が溜まるという事を避ける事が出来るのです。

一番やってはいけないのは、栄養を溜める夜の寝る前に食事を摂ってそのまま寝ることです。

こうした生活習慣を続けていると炭水化物が体内で蓄積される形になってしまうのです。

つまり、注意すべき点は、中性脂肪が高い場合は、基本的に夜型生活は大変、脂肪分を高めるといったことが大きな問題になってしまうのです。

このページの先頭へ