中性脂肪とストレス

中性脂肪とストレスは、非常に大きな関係を持っています。今回は、そんな中性脂肪とストレスの関係に関して紹介いたします。

最初に、中性脂肪はストレスによって増加します。この原理を説明いたします。

ストレスは、体内の免疫系や交感神経系に作用します。実は、交感神経が大きな関係を持っているのです。

交感神経は、人間に活動の指令を出す神経ですが、過剰に働き過ぎると緊張をもたせます。

緊張といったストレスが発生すると何が起こるのか?それは、副腎という組織から、カテコラミンというホルモンが発生します。

このホルモン実は非常に厄介で、血管の萎縮や血圧上昇の原因になっているのです。

活性化すると、一見脂肪が燃えると印象を受けますが、副腎皮質という箇所から、大量のホルモンを分泌させます。

これが、コルチゾールという成分です。コルチゾールは血中に遊離脂肪酸という脂肪酸を大量発生させます。

この脂肪酸を肝臓が合成することによって、中性脂肪がおおh場に増えるようになるのです。

ストレスによって本来少ないはずの中性脂肪の原料が著しく増加してしまい、中性脂肪の数値が上がるというのが、繰り返されるというわけです。

ストレスによって中性脂肪が増えているといった要因になります。

つまり、ストレスを減らさないと中性脂肪は減らすことすらできないのです。

恐ろしいのは、ストレスを発散しないとその分著しく数値が上昇することが知られています。

疫学調査でも、ストレスが無い人のほうがある人に比べてストレスの増加が著しいことが判明しました。

そのため、中性脂肪を減らしたいのなら人間関係といったストレスの解消が大切になります。

ですが、この社会でストレスの解消を務めるほうが大変と言う方も多いはずです。

おすすめしたいのは、ストレスが生理的要因で生じる場合はその解消に務めることです。

睡眠や食事はその最たる解消法になります。今一度生活習慣を見直すといいのです。

このページの先頭へ