中性脂肪の改善の食生活とは

中性脂肪の数値が高い場合は、病院での薬の処方とともに、食事制限があります。

実際に中性脂肪値が高いといった診断を受けていなくても、こういった食生活を行なっていると高脂血症になる実際の事例と食事の改善点を紹介いたします。

中性脂肪を下げるには、動物性の脂質を摂取しない、砂糖を摂取しない、お酒は避ける、この3点が重要になります。

最初の総物性の脂質を摂取しないですが、これは肉類の脂身を摂らないということです。

摂らないといったことに語弊があるかもしれませんが、摂取を避けるといったことが重要になります。

中性脂肪は、動物性の油脂を分解した遊離脂肪酸から合成されます。それが過剰にあるために、中性脂肪が多くある状態になるのです。

過剰にある物質は、少なくするといったことが何よりも大切になります。

次に、炭水化物、糖分の過剰な摂取を避けるようにすることです。

中性脂肪がある要因は、多くは過剰なまでの中性脂肪の原因になる食べ物の摂取です。

流石に、中性脂肪と言いますと、皆さんは多くは脂肪だけと思う方が多いのです。

しかし、実際は脂肪以外にも、食事制限すべきだと理解が進んだかと思います。

でも、脂肪、炭水化物、糖質、これ3つを同時に制限するって無理だと感じる人も多く、全く食べなかったら逆に病気になります。

そんな方に、最初に気をつけて欲しいのは、同時に多く含まれている食品を取らないと言うことです。

例えば、ケーキが一番分かりやすいです。ケーキは脂質、糖質、炭水化物の宝庫です。

こうした物をおやつにするよりも、食べるべきは果物です。果物は、糖質はありますが、炭水化物や脂質が含まれていないのです。

むしろ、食物繊維やビタミンといった体の状態が、良くなる、物がたくさん含まれています。

何かを食べないのではなくて、代わりに別の美味しいものを探す。その物が美味しく食べて、食生活を変えることが一番の治療になります。

中性脂肪の数値をこれ以上上げないために、動物性脂肪の多い食品の摂取を控えなければなりません。

バター・牛肉・豚肉などはもちろん、脂肪だけでなく、お菓子類・ジュース・果物などの糖質を多く含む食品の摂取も控える必要があります。

酒・ビール・焼酎などのアルコール飲料も控えましょう。

中性脂肪を減らすための食生活を心がけましょう。

基本的に、高カロリーの食事を控えて、野菜・きのこ・大豆・海藻類などの低カロリーで食物繊維を多く含む食品を摂るように心がけましょう。

中性脂肪と体脂肪は、異なる性質のものですが、体重を測るときには体脂肪も意識しましょう。

このページの先頭へ