中性脂肪とカテキン~体内の働きと注意点~

カテキンは最近中性脂肪の量を減らす重要な、成分として大いに注目され非常に人気のある成分となっております。

では、そのカテキンがどうしてここまで効果があるのかあまり知らないで飲んでいる方も多いのです。

今回は、そんななたのために、中性脂肪は何故、カテキンによって抑制することができて、そのカテキンをいつ摂取する必要があるのか?またカテキンの摂取の注意点を紹介いたします。

カテキンは中性脂肪を減らします。それは、医学的な見地による疫学調査によって証明されています。

加えて、非常に有効的な効果も実証されています。食事で人間が、脂肪を胃や胆汁によって分解されますが、分解された後、その脂肪の多くが腸内で吸収されます。

脂肪分は、大きいままですと腸の絨毛という場所では吸収されないので、一定の大きさまで小さくする必要があります。

小さく分解する酵素がリパーゼと呼ばれる酵素で、大きい脂肪の塊を遊離脂肪酸まで分解するのです。

その後、食事で摂った脂肪酸は、吸収されるのですが、カテキンはこの分解する時点のリパーゼの働きを抑制します。

つまり、体内に吸収される段階を抑制してしまうのです。

その結果、脂肪の吸収量が食事よりも減少して、その症状の緩和につながるというわけです。

つまり、食事で脂っこいものを減らすのもの大切ですが、同時に、その油物の吸収を抑える作用があると言うわけなのです。

ここで注意して欲しいのが、便秘気味の人が、カテキンの飲料を飲んだことによって便秘がひどくなるといった問題があります。

実は、緑茶にはカフェインが含まれており、これが便通を硬くする原因なのです。

もし、便秘気味の方がお茶を飲んで対策を取る場合は、最初からカテキンが多く含まれる飲料を買っておくのが非常に良いのです。

多く飲むといった選択肢もありますが、その水分よりもカテキンが体外に水分を出してしまうので注意が必要なのです。

このページの先頭へ