中性脂肪の役割

中性脂肪は存在しているだけで、悪者といったイメージが定着していますが、実は非常に重要な役割を持っています。

今回は、そんな本来持っている中性脂肪の役割を紹介いたします。

中性脂肪は、生命維持のための脂質の供給といった事を中心に行なっています。

生命維持のための脂質の供給とは、脂質は本来非常に効果が高いエネルギーなのです。

人間がこの現代までは、飢餓に陥ることが多かったためにそういった時に使用するエネルギー源として使用されていたのです。

中性脂肪は、炭水化物や糖分のエネルギーよりも、少ない量で高いエネルギーを生み出す力があります。

つまり、人間が動くだけでも、内臓が動くだけでもエネルギーを使用するので、このエネルギーの供給源が、中性脂肪なのです。

次に、中性脂肪は人間の体温調整の維持にも使用されています。

体温調整のには一定の、エネルギー源を燃やすことによって可能なのです。

また、内臓を守る脂肪分の原料になります。実は多くの脂肪分は非常に大きなエネルギーを持っているのです。

また、内臓だけでなくて、長距離運動のような、長時間食事がない状態でも運動のエネルギーになるように、手軽なエネルギー源として存在しているのです。

本来はそういった役割を持っているのですが、悪者扱いされています。それは、血管内に中性脂肪があるとそのことによって病気が発生してしまうのです。

過剰にありすぎることによって血管内で病気を引き起こす要因になっているのです。

ですが、実際に中性脂肪のうち、計測するのは食事を摂取してできた中性脂肪ではなくて、体内に一旦取り取り込まれて肝臓で合成された脂肪分になります。

この中性脂肪は、過剰に炭水化物がある場合に発生する脂肪分なのです。

ですから、中性脂肪のうちでもこの過剰な炭水化物の摂取によってできた中性脂肪を、検査するようにしているのです。

中性脂肪は、本来人間の体にとって不可欠なものです。その機能に変化が起きて、本来の機能を阻害しているのは、人間の生活習慣に他ならないのです。

このページの先頭へ