中性脂肪と痩せの関係

中性脂肪は基本的に太っている方が数値が高いと勘違いされがちです。

ですが、これは大きな間違いで、そういった見た目に関係なくても中性脂肪の数値は大きく異なります。

正しい中性脂肪に対する知識を持って生活習慣病に関してしっかりとした知識が必要なのです。

今回は、中性脂肪と痩せの関係に関して紹介いたします。では、どういった方が中性脂肪が高いのか特徴を上げてきます。

油物と言った脂肪分が多く含まれているもの、炭水化物が非常に大好きであること、満腹までご飯を食べることがくせになっている人、飲酒が好きといったのも大きな特徴になります。

基本的に中性脂肪の数値が高いというのは食生活に非常に関係します。脂肪は、ダイエットや運動によって減少させることができますが、中性脂肪の場合はそういった運動といった部分でもあまり関係がないのです。

むしろ、中性脂肪を作る肝臓に、どれだけ過剰な脂肪分や糖分が行き渡っているのか、肝臓の機能が低下しているかといった部分が大きく直結しています。

最初の、油物はもちろん炭水化物や糖分は中性脂肪の原料になります。食事によって過剰摂取された、炭水化物や糖分は、一時的なエネルギーとして、中性脂肪になってしまうのです。

そのため、食生活で、油物、炭水化物の摂取が多い方は基本的に、中性脂肪値が高いといった特徴を持つようになります。

痩せているから数値が低いといった事は関係ないのです。

次に、飲酒の問題ですが、肝臓を痛める飲酒は中性脂肪の数値の上昇を起こす大きな原因になります。

つまり、肝臓の機能が低下すると中性脂肪の合成と、中性脂肪のその後の代謝に関わるサイクルが減少してしまうので、中性脂肪の数値が上がるといった問題が起こるのです。

そして、一番はこの両方を飲酒の時点で体外の人はやってしまっています。

飲酒をすると油物やラーメンを食べている方は要注意なんのです。

痩せている若いからといって、それが一番とは限らないのです。血液検査の数値でしか中性脂肪は分からないため早急な対策が必要なのです。

このページの先頭へ